--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年03月26日 (月) | Edit |
ヒヨコの猫またぎ ヒヨコの猫またぎ
群 ようこ (2004/07)
文芸春秋

この商品の詳細を見る

パンチパーマの猫 パンチパーマの猫
群 ようこ (2005/03)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

ぢぞうはみんな知っている ぢぞうはみんな知っている
群 ようこ (2006/05)
新潮社
この商品の詳細を見る


エッセイなので読みやすくってそれに面白くって3冊読みました。
やはり、そうそう~~と共感するところとかあって、
作者に親しみを勝手に感じている次第です。

面白かったのは【援助麻雀】という話で、
オッサンと麻雀して負けるより若い男の子と麻雀をして負けた方が
いい。というあたり、分かるわ~と思った。
私、麻雀はしませんが^^;

それから【恐怖の二割に当たったら】という話もよかったです。
人を不愉快にさせる店員などにあたった時、
「苦情をいってやろう」と思う。というのは、
私だけじゃなかったのねーーホッ(^^)
作者も「更年期のせいで怒りっぽくなんているのか」と書いてあったが、
私も年のせいかな?と思ったりしていたし。。。

でもこれは「どんな職業でもそのうち二割は使いものにならない・・・・」という話で、納得する作者。
どうしょうもない人がいても「あ~二割に当たってしまった」と思う。と。。。
そうか~私もこれからそう思うことにしよう。

前にも群さんのエッセイ(だったと思う)で
どうしようもない人(性格が悪かったする人)に出会うと
「この人は前世がないから上手く人と付き合えないでいるんだ」と思うようにしている。
という話があり、
それも私の精神衛生に大変役だった言葉だった。

その他にも色々と面白い話が満載でしたが、

作者に共感する点で、
「妻帯者には全然興味がない」という事である。
(そういう事を書いた文章がありました)
私も、妻帯者には興味はゼロ、
特にオッサン、それも社内のオッサンには全く興味がない。
過去に友達が、妻帯者と付き合っていたり、って話は聞いたことはあるが
「アホちゃうか」と心の中では思っていた。
まぁ~別に人のプライベートな事だし意見はしませんが、
自分がそんな環境になった事がないから言えるのかもしれないが
そんな人にあって惹かれるていう理由がわかりませんでした。

それはどうでもいいが、
そんな私なのに、なぜか会社のオバハン事務員に
ある妻帯者とデキていると勝手に思われていた事が発覚した!
非常にムカついた。
セクハラか名誉毀損で訴えてやろうかと思うぐらいムカムカしている。

その人がどんな教育を受けてきたか知らないが
私はそんな親に顔向けできないような事をやってはいない。

これこそ、前世がないヤツで出会ってしまった。
それも職場でーーーヒィー!という感じである。

こんな低俗な社員のいる会社で働いている自分が情けない。
そんな事を思わせるような態度だった自分も悪いのかもしれない。
この年にもなって独身だとこんな事を思われなくてはいけないのかと
悲しくもなってきた。

「オバハン、現場見たんか!!コラ!」と言ってやりたい。
・・と悪な部分が出てきた私^^;

一応、大人なので普通の態度でその低俗社員とも接してますが
心の中は、怒り心頭である。
でも、先程、群さんのエッセイを読んでると
「悪い出来事のあとには、その何倍ものいい出来事があった」という一文があり、救われました。

人間、何気ない一言で他人を傷つけたりもしますが
些細な一言で癒されたりもするんだと思い、
私も気をつけなかればいけないと肝に銘じました。
こんなつまらないことでメソメソしている私は、ホントお子ちゃまなんだろうか?マジメすぎるんだろうか?
こんな事では、女一人では生きていけないわーーがんばろうぜ!私!

でも悔しいから、早くいい人と出会ってあんな会社辞めたいわ。笑
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。