--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月26日 (金) | Edit |
僕の妻はスーパーウーマン DVD-BOXI僕の妻はスーパーウーマン DVD-BOXI
(2010/03/26)
キム・ナムジュオ・ジホ

商品詳細を見る


コメディだとわかっているが
どうしても、あの主演のジエに好感がもてず。。。

だって、あの女、どう考えても

根ババやんか!!!

もちろん、性格ワルワルだったのは、学生時代にしても・・
あれは、ちょっと度を越した

イヤな女っぷり

それはあのドラマ的には女王様って位置づけになっているが
女王様っていうより、
ちょっと綺麗だからといって、性格が最悪な女ってだけ。


あの学生時代のエピソードがそんなになければ
楽しく見れただろうが、
過去のシーンの多くって、最悪。

特にボムスンに大量の鏡を送りつけるところは
そこまで、するか?って感じで気分悪かった。
国民性の違いでしょうか?

確かに、昔の復讐とばかりに
意地悪するボムスンもあかんけど。。

でも発端は、あのジエなわけだし。

で、肝心なジエは
昔のことは忘れ、今を精一杯生きるタイプ。

忘れるのはいいですが、
一言でも
ボムスンに

学生時代は、ごめんね。
私が傲慢やったわ


という謝罪の言葉がないのが許せん!!!

なんで、あんた、そんなに過去にこだわってるの?

みたいな感じがますます許せん!!

あんな女は、他の女に嫌われるんじゃーーー!!!

でもなぜか、綺麗ってことで、男には、人気あって
それは、結婚してからも
金持ちで遊び人社長をも本気にさせてしまうほど。。。
っていう展開に。

そういうトコも気に入らん。

そんなに、マジメに見ないで
軽く見て、楽しんだらいいんだが、
単なるコメディとしても面白くなかったような気もするし。

友達の好きなユン・サンヒョンもどこがいいかわからずだったし。


このドラマで、一番のタイプは
ボムスンのダンナでした

そして、貧乏なはずのジエさんは
いつも違うオシャレな服を着ていて、
結構センスよかったな~と。。。

ただ、それだけのドラマでした。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。