--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月10日 (金) | Edit |
FTTS8集

長らく聴き続け、ようやく感想を・・・
ファンですが、ちょっと辛口になるかも。

これで最後と言われているCDで
力が入っているといわれてたのですが。。

聴き始めた頃は、
ホンマにこんなんで終わっていいんか?
って気が

6集や7集の方がよかったやん
って気が

なんか~ムード歌謡をおもわせる曲があったりで
一体誰がプロデュ-サーなんじゃーーー!!
あまり時代の波に乗ってないCD
って気が

それに、歌番組で【拘束】を歌う二人に

あの歌に、あのダンスは不要ちがうん?
って気が

それに楽しみにしていたDynamic Dioのラップが
あんだけ?

でも後半からは
やはり、ええわ~彼らって
とうっとりできる曲が何曲かあり、
うっとりしてると、
10曲目のムード歌謡風の曲がまた衝撃で。。。

そして、さらに衝撃な
ブライアンの英語のセリフから始まる曲が!!!
なにやら、シリアスな事を言っているようだけど
私には、ブライアンがコントで笑わせてるようにしか聞こえず

結構いい曲なんだけど、
聴いている間ずっと
セリフの衝撃が払拭できず。。

なんなんだ、さっきのセリフは!!
英語しゃべれる自慢か!!

とか思っているうちにブライアンのソロは終了し

最後のファニのソロに

そしてこの曲がまた

めっちゃいいのよーーーー!!

これが一番好きです


で、このCD聴き続けて思ったのは、

やっぱり、

ファニの声が素敵

という事で、

って、ちがうわよ

二人のハーモニーは最高!!

ってことです。(一応、最後なのでそういうことで)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。