--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年10月17日 (金) | Edit |
愚か者、中国をゆく (光文社新書 (350))愚か者、中国をゆく (光文社新書 (350))
(2008/05/16)
星野博美

商品詳細を見る


友達に薦められて初めて読んだ『転がる香港に苔は生えない』で
感銘し、
それ以降、星野博美さんの本はほぼ読んでます。

同世代ってことで、すごく共感することもありますが
日常を書かれた作品を読むと
なんとも、感受性が豊かというか・・・
私など、あまり深く考えずに日々暮らしているせいか
こんなに深く考える人もいるのかな?
ちょっとしんどそう・・・という気もしなくもなく。

でも、彼女の視点はとても鋭く、結構好きです。

私など、ミーハーで香港通いしていたので
『転がる香港~』を読んで、
すっごく考えさせられた。

一応、中国語を習う身なので、
この作品もとても興味深く読みました。

中国語を習っているからといって
別に中国が好きなわけでもない私は、
香港には数十回行ってるが
大陸には、3度ほどしか行ってない。
それも大都市、上海と北京。

しかし、また行きたいーー!!
なんて、思う事もなく。

とてもじゃないけど、
列車であの国を旅するなんて考えられない。
あんなトイレの国では

この本を読んでも
やっぱり大陸を旅したい!!なんて
事は思わないが
中国の変化をこの本を通じて、
少し理解した気がした。

最近、色々な中国絡みの悪いニュースを見るたびに
やっぱり・・・そんな国なのね。。
なんて、思ってしまう。
でも、この本の『おわりに』で著者が書いているように

『国と人を同一視するべからず』

なんだと思う。

今週から、中国語教室、再開したので、
また、宿題に追われる日々が始まる。

自分がなぜ、ずるずる中国語を習い続けているのか・・・
いまだ、疑問です。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。